【恋愛・失敗談】case01.男運の無い女は「恋に盲目」になっているだけ。


「ダメ男製造機」

私、蜜子のあだ名です。

———-
だめおとこせいぞうき【ダメ男製造機】
付き合う男性を知らず知らずのうちに
ことごとくダメな男にしてしまう女。

1.そもそも男運の無い女
2.母性本能の強い女
3.重い女
4.尽くす女
5.意識高い系の女

以上の類の女性に付けてあげるべき称号。

※あくまで蜜子定義。
———-

これから、このコラムをお届けするにあたり
まずは皆さんに蜜子の恋愛観を共有したく、
蜜子がなぜ「ダメ男製造機」と化したのか、
過去の失敗談をお届けしたいと思います。

今回は「1.そもそも男運の無い女

私が恋愛を語る上で、
今や酒の肴と化している1人の男がいます。

それは、人生初めて付き合った
13歳年上の彼氏。(←突っ込むところ)

付き合ううちに、どんどん彼にハマった私は
彼に呼ばれれば夜中でも家を抜け出し、
デートの待ち合わせに遅刻した彼を5時間も待ったこともありました。(←既に重い)

ところが、付き合って半年が経ったある日、事件が勃発。

ざっくり言うと↓

彼に「息子」がいたことが判明。
そして、彼はバツイチ(自称)と弁解。

その翌日、彼と私が寝ている彼の部屋に「」乱入。
」が馬乗りになってきて暴言を吐いてきました。

あまりの衝撃で彼の家を飛び出したのですが、
気付いた時には歩いて2時間程の最寄駅で泣いていました。
(蜜子の出身は超ど田舎。車移動当たり前)

その時もその後も、
何度も彼に着信を残しましたが、
彼は一度も出ることはありませんでした。

そこで、
ようやく目が覚めたんですね。
夢見がちな恋愛から。

本当に、私は恋をすると一直線で
周りが全く見えないタイプになります。

結局、彼は妻子持ち

事実にひとつも気付かず、
自分が本命の彼女だと信じて止まなかった私は相当な馬鹿でした。

当たり前になっていたデートの遅刻。
一緒に映らない写真。
急に音信不通になる日々。
常套句の「仕事が忙しい」という返事。

本当は気付いていた沢山の疑問や不安。
全部好きだから、目を瞑りました。

でもそれがまさに「ダメ男製造機」あるある
「彼は○○な人だから仕方ない。」
そう思いたくなることもあるけれど、
自分に嘘をつくことは恋愛において御法度だと思っています。

ちゃんと事実に向き合わず、
自分に自分で嘘を重ねて納得させている女が、
良い恋愛なんか出来るわけ無いんです。

私はまさに、
目を瞑って自らダメな男を作り出してしまうタイプ

見てしまったら。
認めてしまったら。

もしかすると、
彼に嫌われるかも知れない。
別れなければいけなくなるかも知れない。

でも、自分を幸せに出来るのは、
結局自分なんです。

少しでも相手に対して
「オカシイ」と思ったことは
正直に認めることをおすすめします

納得出来ない時は、
彼と話し合ってもいいんです。

誠実な彼だったら、あなたときちんと向き合って話してくれますから。

【傾向と対策】
「恋は盲目」と言うけれど、
少しでも「前兆」があれば
見えないふりをするのは、やめてみよう。

彼を忘れたいなら
まずは「ブリジットジョーンズの日記」を観て
心を落ち着けてみるのが蜜子流気の紛らわせ方。

↓蜜子おすすめの「ブリジットジョーンズの日記」は下記よりチェック↓
⇒31日間無料でブリジットジョーンズの日記が見れる!
dTVの公式HPはこちら

蜜子
Mr.Higashiの友人。
専属恋愛コラムニスト。
広告代理店勤務の25歳。
悲惨な恋愛経験から付いたあだ名は、ダメ男製造機。
現在の目標は、幸せな結婚。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です